理想の睡眠時間について今いちど考える!身体を回復させる爆眠タイムをとる方法

理想の睡眠時間
人の理想とする睡眠時間についてこの章では触れていきます。眠っている間に前身の機能を回復させ元の状態に戻したり子供の場合だと成長にも関わる大切な時間帯。

そこにはさまざまな議論がなされ諸説あります。

その中から一般的に理想とされる睡眠時間をまとめてみました。




人間本来の必要な睡眠時間

人間の理想的な睡眠時間
睡眠時間の理想には、人間本来、必要な睡眠時間を考えた場合、個人個人の体質や環境にも大きく左右されることから、一概に「何時間」とは言い切れません。

ひとそれぞれによって理想とする睡眠時間は違うのです。例えば、短時間の睡眠で身体が元の状態に回復する人もいれば、長い時間眠らなければ疲れが取り切れない人もいるわけです。

個々にあった睡眠時間を見極める必要があります。

理想の睡眠時間を図る目安

理想の睡眠時間を判断する目安の時間
毎日の睡眠時間が6~9時間ほど眠っていられる人であれば普通とされてます。
日本人の睡眠時間と死亡の危険率を調べた調査では、6.5~7.5時間の人がもっとも危険率が低いこともわかっています。

大体の目安として6.5~7.5時間くらい寝られているかを考えてみて判断されるのがよいでしょう。

ただし、反面4時間以下の人も、9時間以上寝ている人も危険率が1.3~1.6倍高いと言われています。このことから眠らな過ぎるのも良くないし、寝過ぎもいけないことも判明しています。

睡眠時間を判断するわかりやすい基準は
“朝起きて疲労感がなく、昼間に問題なく活き活きと活動できている”
かどうか
です。

ここで出来ていればあなたは睡眠時間が適正だとお考え下さい。

毎朝身体が重い、昼間にとても眠たくなるなどがある場合は足りていない可能性があります。

日本人の理想的な睡眠時間

日本人の理想的な睡眠時間
世界的に見て日本人の睡眠時間は先進諸国において最下位。そこには古くからあった日本人の哲学、睡眠を削って頑張るのを良しとする風潮が日本人の理想とされてきた歴史が今でも根強く残っていることが原因でした。

最近では生きていくうえで必要な睡眠は日本に限らず世界中さまざまな国で見直され多くの研究がなされ日本人の睡眠に対する意識も以前よりは格段に良くなってきています。

しかしそれで十分な睡眠時間が取れているか否かについては別問題。

学生さんや社会人の多くは、まだまだその組織に順応するべく睡眠時間を削り身体を酷使しているのが現状。先進諸国のように企業側でも働き手の睡眠時間にも配慮した組織的な職場の環境整備がされなければ難しいです。

子供の理想の睡眠時間

子供の理想の睡眠時間
子供の理想の睡眠時間は年齢によって時間が大きく異なります。幼少期は17時間近く必要でも成人する一歩手前までは10時間くらい寝るのが理想的な睡眠時間とされ大きく開きがあります。

そこから成人(18歳~20歳)になって8時間平均くらいで落ち着き65歳くらいを境に少しづつ必要な睡眠時間が減っていきます。

子供の理想の睡眠時間の詳しくはまた、別称でお伝えします。


理想の睡眠時間は肌や美容に効果あり

肌や美容に効果が期待できる理想の睡眠時間
睡眠時間の理想を守ることができる環境であると前提にお話しできるとするならば女性にとっては大きな味方になりことがあります。

人間の体は睡眠中に、成長を促したり、傷ついたり披露した個所を修復したり元に戻してくれることで次の日にまた元気よく活動ができるようになっています。

このことを上手に利用すると、お肌のアンチエイジングにもつながることがわかっています。理想の睡眠時間をとることでお肌や内臓器官の回復に必要な十分な睡眠が保たれるようになるからです。

睡眠と美容の関係については下記の章で詳しく触れていますのであわせてごらんください。









関連記事