睡眠時無呼吸症候群の検査の種類とその内容

※写真はイメージです。実際の検査とは関係がありません。

睡眠時無呼吸症候群の検査は医師の問診からはじまります。自覚症状に睡眠時無呼吸の疑いを持たれたらなるべく早期にお近くの専門医のいる病院へまずは相談しにいくことが近道です。




疑いがある場合は早めにお近くの専門医へ

日中起きている間に無呼吸の症状によく似た自覚症状がある場合。一度、病院へ行き医師の診断を受けることをおすすめします。

まずは、あなたの自覚症状などから睡眠時無呼吸の疑いがあるかを判断します。

昼間の起きているときに起こる眠気や、いつもの生活上での体調の変化、または一緒にとなりで寝ているパートナーさんからのいびきや睡眠中の呼吸状態を聞くなどして医師に細かく話します。この問診の際により実在に近い情報を医師に伝えることが適切な治療への近道となります。

下記のページでもお伝えしたような症状が自分に見られる場合、もしくはパートナーさんからの指摘があったことを事前にチェックしておきましょう。

医師の判断で睡眠時無呼吸の疑いがあると判断された場合は、以下の検査をします。

検査の種類

簡易検査

手や指、鼻などにセンサーをつけて、眠っているときのいびきや呼吸の状態を把握し睡眠時無呼吸の可能性を診断します。
病院から貸し出された機器を、自宅に持ち帰り、いつも通りの就寝の際につけて寝るだけで(一度だけでOK)で検査が行えるために以外と気軽に検査することが可能になります。

ただこの簡易検査で重度の疑いがある場合、簡易検査後すぐに下記の精密検査(1日入院検査)をする場合もあります。
簡易的なものでは酸素飽和度を調べるタイプと気道の狭窄や呼吸状態を調べる検査がありますが、どちらも無呼吸の有無とその頻度を調べるだけで、脳波などは検査できません。そのためにさらに重要な要素を調べるために行います。

いつもと変わりない普段の状態で検査できるので、より現実に即した検査が行いやすいのが特徴です。

精密検査

終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査といいます。
設備が用意してある医療機関へ1日入院してもっと詳しく「睡眠の質」について調べる検査です。

入院といっても仕事など日頃の生活に支障のないよう、ちょうどお仕事の終わる時間帯の夕方(17時~19時くらい)などから入院し、翌朝出勤前に退院(朝7時~8時くらい)と配慮してくれる専門の医療機関もたくさん存在します。

個別の部屋にトイレとシャワー室(ユニットバス)が完備してある検査室を設けた機関もあるほど。

費用は病院によって異なります。設備や料金などは聞いて確認しておきましょう。当日持っていくものなどは入院前に書面といっしょに細かに説明がありますので心配いりません。







関連記事