「頭寒温足」寒い冬に質の良い睡眠を手に入れる方法

寒い冬の夜に質の良い睡眠を手に入れる頭を冷やして足元を温めて眠りにつきやすくする方法をご紹介します。

寒い冬の夜は体温調節が肝心だといわれています。その方法とは。




脳を休眠させながら血流は保ったままがベスト

寒い冬に熟睡する方法
もう初雪を見られた方もいるほどめっきり寒くなった今日この頃。

寒くて寝付けない夜もあるのではないでしょうか?
暖房をつけたままにして寝るなど、あまり身体にもお肌にもよくないってご存知でしたか?

そこで「頭寒温足」(頭寒足熱)という言葉の意味に着目してみることにしました。

「頭寒温足」(頭寒足熱)

これは頭を冷たく冷やして、足元を温めるということですが、これは眠れるというだけでなく身体をムリのない状態に保つ効果があり、寒い職場などで頭を働かせる仕事中などでも

暖房をガンガンに効かせるより、足元だけ温めて逆に頭を冷やすと効率があがります。

逆によく眠るときに「足先が熱い」なんて感じた経験がありませんか?

これは足が温まり過ぎてるからではないのです!逆です!

血流が悪く血液が下へ落ちたまま流れて上がってこれずに足先に溜まっている状態で、冷やすと気持ちいいのですが逆に温かいぬるま湯などに足先を浸し温めると収まります。逆に温め血流をよくすると眠れるようになるんです。

寒い冬にここち良い睡眠をとるためには、エアコンなど暖房をつけるよりも電気毛布などで布団の中だけ(もしくは足元だけ)温めることで、部屋の冷気で頭部は冷やされ気持ちよい眠りに誘ってくれます。

これまでお部屋の暖房をつけっぱなしで寝ている人にとっては勇気がいりそうですが、一度やってみるとそのムリのない自然な入眠効果に気付くはずです。

最近では快眠グッズで枕だけでなく足元を温めて良い眠りに誘ってくれるモノまであるそうで、売れているようです。
足先を温めて良い眠りに導く今ドキ快眠グッズ







関連記事