短時間で質の良い睡眠をとるための効率的な睡眠時間の短縮方法

短時間で質の良い睡眠をとる方法をはあらゆる社会環境で役立ちます。

効率よく短い時間で深く眠れる方法をいっしょに見ていきます。




思い切って考え方から変えてみよう

短時間で質の良い睡眠をとる方法
短時間で効率の良い睡眠をとろうとお考えのあなた自身のその考え方自体が質の良い睡眠を妨げているひとつの原因です。

現代の流通や情報の急速な変化で、時間に追われる社会人の多くの方が持っている悩みと思います。

ただこの「時間に追われている感覚」自体が深い眠りを妨げる大きな原因になっていることを覚えておきましょう。

短い時間でしっかり眠りたいと思っているひとほど実際に毎日時間を切り詰めて頑張っているいるひとが多いです。
そういうひとは休んでる時も「次にあれもしなきゃ!」なんて考えてしまうひとが多いです。

まずは、毎日の習慣として「やらなくても、なんとかなる!」とリラックスした気持ちでいるように心がけてください。

人の身体は年齢によって必要とされる睡眠時間がある程度予測できます。
大体10代で8時間~10時間、成人で7時間前後、50歳以上でおおよそ5.6時間が必用な睡眠時間と言われています。

プラスここに睡眠障害が加わればなおさら時間は多く必要になってきます。

そこを短くして効率化しようとしても身体に無理が生じてきます。人間、寝だめができないのはそのためです。

時間は長さでなく”効率よく”使う

砂時計とカレンダー
必用最低限の時間がわかったら時間を短縮するのではなく、この時間をいかに効率よく使って質の良い睡眠をとるかがカギを握っています。

最低でも就寝1時間前には飲食をやめておく。飲酒・喫煙も同様。

眠る眼に少しだけの我慢ができずに、深い眠りに付けないとしたらもったいないです!

できれば就寝2時間前に入浴。

身体をいちど一気に温めておくと、そのあと体温が下がっていくときに眠くなる身体の習性を生かして入眠しやすくします。

食事をすると眠くなるのは、食事をとることで体内が温まりそれが冷めていくときに眠くなるのと同じ現象を利用するために前もって入浴して眠気を誘いやすい身体にしておく。どうせ毎日お風呂入るのなら、睡眠にもいい影響がでるように入浴する時間を調節するだけ。

いかがですか?短時間で質の良い睡眠をとるには就寝前からの効率化がカギです。

なかなか不規則な生活に慣れてしまっている人ほどやりにくいことばかりでしたか?

しかも何度もここでも聞いたことのあることばかり…。
そうなんです。この一見誰にでもできそうで簡単そうだけど続けて出来ない!?ことに秘密がいくつも隠れています。

具体的に今日からはじめられそうな短時間で質の良い睡眠をとる方法はこちらの記事でご紹介しています↓







関連記事