今晩からできる睡眠力アップの方法はじめの3つ

質の良い睡眠をとる方法は簡単なことだけどなかなか実行に移せないことばかり。そこには大きな穴が!?。あなたの生活のなかで習慣つけることができると効果的なこと3つご伝授。





一度じゃダメ!質の良い睡眠をとる方法は習慣つける

睡眠力アップのコツ
最近、病院の睡眠外来に飛び込んでくる方が増えているそうです。これほどまでに今「睡眠」について注目されています。

睡眠障害とは別に、睡眠時無呼吸症候群などさまざまな症状が表沙汰になってきたのもストレスなどの多い現代社会を物語っています。
社会人の約6割が睡眠不足と呼ばれる今の時代ですが「少々寝なくても気力で勝負」なんていってた時代は一昔の話。
いまではしっかりとした質の良い睡眠をとって昼間の社会の中で活き活きと過ごすのがトレンド!

原音がわかったら、治すためにはそれらを良く理解しすぐにできることから習慣づけていくことが、身体の健康や美容にも効果的な睡眠をとる近道です。

テレビでも幾度となく紹介されているすぐに自分でもできる睡眠改善方法を紹介します。

食事は睡眠3時間前までに済ませる。

よく眠るための食事の時間
簡単なことでグっと睡眠の質があがる効果的な方法です。良く日中など満腹になると眠気を誘い、眠れる勘違いしやすいですが、食べてすぐ身体を寝かせるのは決して身体にとって良いことではありません。
食べ物を消化しようとする胃が働いてると熟睡できずに眠りがあさくなってしまいます。

寝る時の室温は28℃

熟睡できる書いておき室内温度は28度
暑すぎても寒くてもダメ。
よくエアコンの使う夏に設定温度を27℃~28℃が身体に良いと言われるのはのには根拠があります。
湿度を50~60%に保てるならベスト。

睡眠時無呼吸症候群の人は横向き寝

睡眠時無呼吸には横向き
うつ伏せで寝ると睡眠時無呼吸症候群のいちばんの原因、のど元の呼吸弁を舌が塞いでしまう症状が起こりやすく睡眠の低下につながりやすいです。

医師の診断を受けて睡眠時無呼吸症候群の人はなるべく抱き枕などを抱えて横向きになって寝ることで、舌がのど元に落ちにくく、器官が圧迫されることなく自然と伸びた状態で寝れるので良い睡眠が期待できます。

どれも何も必要としないですぐにできそうなことばかりです。あとはあなたのちょっとした習慣づけで生き生きとした毎日を手に入れることができます。








関連記事