質の良い睡眠がもたらす意外なほど美容に効果のあるあれこれ

質の良い睡眠をとる習慣を身に着けるだけでお肌や髪の毛にも大きな効果を発揮します。お肌のお手入れの基礎は規則正しい生活習慣です。その習慣の約1/3占める睡眠が与える影響についてご解答しています。






女性は男性より睡眠を必要とする

美容に効果をもたらす質の良い
睡眠
アメリカのある大学の科学者たちの研究によると、女性は日中仕事のほかにも、一日の中で家事や育児といった多くの事柄が平行して進んでいくのでストレスに悩まされる女性が多いと発表されています。

ほかにもこれまでの世界的にも権威のある有力な科学者たちによって報告された事例の中に、女性は睡眠不足になると目覚めの時に物理的な痛みを感じたり、怒りっぽくなったりしやすいというのもありました。

イライラやストレスを防ぎ内側から美人になる方法もぜひ取り入れたいものです。そのほかにも睡眠不足は肌荒れや自律神経の乱れなどを引き起こすので女性にとって気になるところに顕著に表れるのが特徴です。

睡眠時間は結構長くとったのに疲れが取れていない、朝起きると顔がむくんでいると感じている人は睡眠不足に赤信号。

人生の3分の1を占める睡眠だからこそ、上質な眠りと共に、その睡眠時間を大いに利用してキレイを手に入れたいものです。

■寝方で変わる美しさってホント

寝方(寝相)でも変わる睡眠の質と美容効果
美容にいい寝方はふとんにかかと、お尻、背中、頭が付いて寝る状態が歪みを作りにくい良い姿勢だといわれています。
つまり全身、上を向いた美にいちばん良いとされる寝方は「仰向け」です。

仰向けの姿勢は、血行促進に加えリラックス効果があります。

別の寝方のうつ伏せや横向きだと骨盤の歪や、内臓の圧迫、歯並びの悪さや顔と身体のバランスなどを崩してしまうという恐ろしい原因にもなります。

とはいえ“美にとって仰向け”というだけであってデメリットもあります。
女性の方にはあまりいないかもしれませんが、まず睡眠時無呼吸症候群の方など呼吸器疾患の人には不向きです。

身体に負担をかけない寝方ですが、実は身体と足が真っ直ぐに伸びたままで全身の休息目的には達していないのだそうです。
舌が喉に落ちやすく、突然呼吸がつまり苦しくなったり、びっくりして脳が起きやすい状態になています。

ちゃんとデメリットも理解したうえで寝方を選ぶのがグッド。優先的にはまずグッスリ眠ること、はやく寝つけることを目標に!







関連記事