質の良い睡眠で美肌に効果がある「寝るだけスキンケア」の驚くべきヒミツ!

美肌と睡眠の効果を研究結果などをもとにロジカルにご説明します。寝るだけでお肌のお手入れができる質の良い睡眠をとる方法をご紹介します。




美肌にを手に入れる睡眠の取り方は寝る前と就寝から3~4時間

美肌に効果がある質の良い睡眠
疲れているときや、寝不足のときの朝のメイク時

「なんだか、今日はお化粧のノリが悪いな…」
なんてことありませんか。

それもしかしたら質の良い睡眠を心掛けることで解決できるかもしれません。

睡眠は起きている活動時にダメージを受けたお肌を修復してくれる美肌にとって大切な時間だからです。

ただグゥ~グゥ~寝ているだけではダメなようでそこには寝る前に取るべきある行動と寝ている一定の時間と就寝前のあることにヒミツが隠されていました。そのヒミツを紐解いていきます。

体温の流れを上手に利用して効果を高める

睡眠の質や量がお肌に影響することは、長年言われてきたことですが今ではその理由が新たな研究によって解明され、ちょっと前まで言われてきたセオリーがもっともっと的確な裏付けがなされ広く世の女性たちに知れわたるようになってきました。

一時代、美肌にも健康にとっても良い寝る時間は
「22:00~2:00」!?

なんて言われた記憶がございませんか?
それはその時代、この時間帯がいちばん新陳代謝が活発に行われると考えられていたからですが、22:00って普段ならまだ会社のデスクの上!!、そんなことはないまでもまだベッドには入っていない時間とか大いにある時間ですよね!?

でもご心配なく。今では研究がさらに進み22:00~2:00の時間帯と言う定説を覆す効果的な美容に役立つ睡眠の方法が紹介されています。

入眠直後から3,4時間

質の良い睡眠とは入眠から3,4時間
それが新陳代謝=成長ホルモンによる身体への修復作業が活発に行われるのは入眠して(眠りについて)から3~4時間のあいだという事実です。

ですから就寝する時間に関係なく、入眠後の3~4時間が大切ということ。それならいつ寝てもいい?わけではありません。
肌やカラダを健康的にするための大事な回復時間なのでその日のうちに回復してあげるのが美肌を保つには効果的です。
できることなら日が変わる前のあいだに床につくのが適切な時間帯だと思います。

この3~4時間のあいだに脳下垂体から成長ホルモンが分泌されると研究結果も発表されており、重要なのは寝付いてから3~4時間【熟睡】していることが好ましいでしょう。

もうお気づきですよね。つまり質の良い睡眠を手に入れる努力が美肌をももたらすということのようです。

また、いちばん深い眠りにつきやすいのは入眠開始直後なのでその時間帯に熟睡できるようにするために、体温が下がっていくときに眠たくなる人のカラダの機能を利用して予定の時間のおよそ就寝2~3時間前に入浴を済ませておく

ゆっくりとカラダの温度が下がるタイミングで眠りに入るので熟睡しやすくなります。







関連記事