美人は絶対にやらない!質の良い睡眠を妨げになる美容に悪影響なNG習慣とは

質のよい睡眠は、美のエナジーチャージタイム。しっかり睡眠をとりゆっくり身体を休息することでキレイ維持パワーを蓄えることができます。

お肌の状態や髪の毛にもよくないといわれる美容にとってNGな睡眠のことをお伝えしながら、あまり気負いせずにできる、美容に良い睡眠習慣の見直し方教えます。




ちょっとした毎日の習慣があなたを美しくする

質の良い睡眠を妨げるNGな行動とは
都内の某ヨガスタジオで行った調査で、毎日同じ時間に起床し同じ時間に就寝する、“規則正しい睡眠時間”が美容にはいちばん効果があるということがわかりました。言うのは簡単だけどすごくむずかしい…。

どうやって持続させているのか探ってみたところ、いちばん多かった回答は「何時に寝ても起きる時間は一緒」でした。

仲間と食事に出かけることもあるでしょうし、夜寝る時間がいつもより遅くなることはたまにはある話。ただここからが肝心!

何時に寝たとしても朝は必ずいつもの時間に起きるように心掛ける。

これが大事なんです。毎日一定の時間に身体と脳を起こす習慣をつけていれば、体内時計のリズムが一定に保たれ夜も同じ時間に眠くなるので入眠障害も起こりにくく質の良い睡眠をとりやすくなります。

そう、ついついお休みの前日ともなると夜更かししたり、次の日は昼過ぎまで寝てしまったり…。
これがよくないNG習慣。

まあ、言ってみると気合が必要というか結局のところやるまでの自分を奮い立たせる努力が必要なのですが、美しいお肌や体型維持には欠かせない睡眠習慣であることを覚えておきましょう。

目覚めの良い時間を自動で計算して起こしてくれる時計↓
スリープトラッカー レディース 正規輸入品

寝相

睡眠の質を良くする寝相
お肌やダイエットにも気遣う方はぜひ改善してほしい習慣はほかにもあります。
寝るときにうつ伏せや抱き枕を抱っこして横向きに寝ているひとは「仰向け」で寝るように習慣づけましょう。

モデルさんなどの中には、枕も敷かずにまっすぐ身体をを上に向けて寝るという人がいるほどです。
横向きやうつ伏せでの寝方は、歯並びの悪化や鼻を中心とした顔の左右のバランスをくずしてしまう原因にもなります。

理想的な寝方は、まっすぐ上を向きぴったり背中が床についた状態でひざを曲げて寝る。ひざだけ曲げて(起こして)まっすぐ⇒こんな感じ「._△」!?

せっかくの質の良い睡眠を手に入れたれたら、寝ている間に美容なんて一石二鳥!あとは実践あるのみ、すぐに今晩からでもトライしてみて。







関連記事