不眠症のためのツボマッサージ!効き目が期待できるつぼ押し習慣

不眠症に効果が期待できるツボ
不眠症に治すには効果があるツボ。今夜からお風呂に入ったあとや就寝前に簡単に自分ひとりでもできるツボのお話を画像付きでわかりやすくご説明します。お仕事中でもちょっと寝不足気味とか疲れているなと感じたときに押さえると不眠症を治すには効果がある頭や足のツボ、また高齢者向きのやり方をご紹介します。




覚えておくととっても簡単!おすすめツボ5つ

不眠症に効くツボ
不眠症の改善にもっとも効果があるのは生活習慣の見直しなのですが、今日からすぐに一人でもできるツボ押しは早めに効果が期待できる簡単な治療方法です。

不眠のまま日中を過ごしていると、一日中ボ~ッとしてたり集中力が低下し仕事などの効率も下がってきます。できることなら早めの対処が必要ですが、なかなかこれがどうしたことか、他の病気などと比べると治療もしにくいし長期にわたる治療が必要になる場合が多いので途中であきらめたり、そもそも治す気で動いていない人もいるはず。

睡眠不足になると、血の流れが悪くなり頭痛、耳鳴り、肩こりなどの原因にもなることがしばしば。そんなついらときにすぐにできるツボ押しの箇所教えます。

【百会】

不眠症に効くツボ百会の場所
左右の両耳の前部分(先端)からの線と頭の中心線が交わったあたまのてっぺん部分。指で押すとブヨブヨとへこむ部分なのですぐわかります。

頭のかどに両手のひらを当てあたまを包み込むようにして指先を頭の真ん中に立てて指の先で圧力をかけて1分間ほど押さえます。
ここは肌荒れにも効果があり、耳鳴り・めまい・肩こり、血行不良や低血圧の症状にも効果があります。

【安眠】

不眠症に効くツボ安眠の場所
呼んで字のごとく、安らかに眠れるようになるツボ。
耳の後ろにある下に向かって尖っている骨から下におよそ指の幅1本のところ。わかりにくいようですがだいたい睡眠不足の時に首が張っているように感じるのはここが凝っているからです。

私はときどきここにピップエレキバンを貼って寝たりしています。左右の「安眠」を交互に刺激します。

不眠症を治すのに効果のある足のツボ

【失眠】

不眠症に効くツボ失眠の場所
失った眠りを呼び戻すツボと言われる。 かかとの底の真ん中の部分 。
自分一人でする場合、足の裏で手や指は届くのですが加圧がしにくいので、固いゴルフボールをここで転がしたり、ボールペンの持つ方の先でグイっと押してみたりするとやりやすいです。

またこのツボは不眠症のほか神経症やうつにも効果があるため癒しのツボとも言われています。

【神門・内関】

不眠症に効くツボ神門・内関の場所
手を広げて手のひらを上にして、親指の向く方とは反対の手首のシワの脈がある小指側のくぼみを【神門】といい、そこから指三本分下にいった腕の真ん中あたり。

上記で紹介したツボと同様に手などで指圧するのもいいですがお灸をすえて熱を加えると効果があります。







関連記事