不眠症を治してくれる病院の探し方

不眠症を治すには最適な病院の探し方が肝心!あなた自身の現在抱えている症状などの把握からはじまりそれらの症状やこれからどのように治していきたいのかを明確にしていると治りやすく、不眠症を治すのに失敗しない病院選びのコツを教えます。




自分の不眠の症状を把握することが先決!

不眠症を治してくれる病院の探し方
不眠症の治療に最適な病院の探し方はあなた自身の現在抱えている症状などの把握からはじまります。
なぜなら不眠症の症状によって治療の方法も違いますし医師の専門によって治し方もざまざまだからです。

病院を探す前に自分の症状をはっきりと自覚し病院に行ったときに医師が適切な治療方法を判断して処方を指示してもらいやすいように今の症状を明確に口で説明できることも早期に治す大事な要素となることを覚えておきましょう。

不眠症じゃないな場合もある!症状を見極めて病院を選ぶ

不眠症の症状タイプ別4つでもご紹介した不眠症の症状を4つとうつなどを伴う不眠症の場合の適切な病院の探し方を表にまとめてみました。

近くに睡眠外来のある大きな病院や睡眠を専門にしている睡眠クリニックがない場合に下の表を参考にするとお近くの医療機関を探しやすくなります。

症状から病院を探す
症状 考えられる病名 病院
床について眠るまでに15分以上~1時間くらいかかる。 入眠障害 不眠に関する相談に応じてくれる
内科・脳神経外科
いくら長い時間寝ても疲れがとれない。熟睡できていない。 熟眠障害
睡眠時無呼吸症候群
不眠に関する相談に応じてくれる
内科・脳神経外科
緊張感がとれず眠たくても寝付けない。過度の脅迫感があり眠れない。 不眠・軽うつ病 心療内科・脳神経外科
※1寝ても途中で何度も目が覚めて起きてしまう。 中途覚醒
睡眠時無呼吸症候群
不眠に関する相談に応じてくれる
内科・脳神経外科

※1、よくいびきをかくとか寝ている最中に息苦しさを感じることがあるひとは睡眠時無呼吸症候群の疑いが強いです。睡眠時無呼吸症候群の治療をしてくれる病院は普通の内科や呼吸器科が主です。

何度か別の記事でも説明している不眠症と睡眠時無呼吸症候群の違い。
不眠症はあくまでも眠れないとか寝ても熟睡できないなどの眠り事態に関わる病気で、無呼吸の方は呼吸器官の障害で睡眠を妨害している症状で睡眠時無呼吸症候群と不眠症はまったく別物です。

どちらも両方診てくれる病院はまれで、不眠症だけとか無呼吸だけどちらか片方だけ診てくれる場合がほとんどです。
インターネットや電話帳で近くの病院を調べてみても不安な場合は事前に電話して確かめてみるといいでしょう。







関連記事