不眠症を予防するために飲むと効果がある飲み物厳選3

不眠症を治すには選ばれた飲み物に効果あり!普段どこにでも手に入れられる簡単なドリンクの種類とその効果的な摂取方法をまとめてみました。夜に自然と眠くなる眠れるカラダをつくるための健康にもよい不眠症に効く飲み物のついてお話ししていきます。

飲んだ途端にバタンと寝れる!?眠くなる入眠ドリンクをご紹介。日頃から口にしているような気軽に準備できるものだけを厳選して3つだけご紹介します。





不眠症を治すには毎日摂る飲み物から気楽に習慣づける!

生活習慣病のひとつとして現代の社会で大きく取り上げられるようになった不眠症。

その原因の多くはストレスやその系統からも解るように普段の生活習慣や職場環境など自分ひとりだけではなかなか改善ができないことがたくさんあります。

不眠症を治すには、長期的な展望に立ち毎日の生活に支障を与えることなく、身体にムリなく行える改善策が好まれます。

手軽に毎日、簡単につづけられる治療法として今回の章は誰もが一日のうちに一度は口にする「飲み物」に焦点を合わせてみました。不眠症に効果のある飲み物とその効能、いちばん効果の出やすい飲み方や、摂取時間など詳しくまとめてみました。

寝酒は絶対NG!

睡眠には寝る前の飲酒(寝酒)は禁物
寝つきが良くなる飲み物をご紹介する前に、寝付けないことを理由に「寝れないからお酒でも飲んで…」グビッ…。

こんなことを繰り返している人がいたら即日ストップ!

これは間違った知識です。アルコールの睡眠誘発は寝はじめだけで、睡眠に入ると呼吸の乱れや脳の目覚めなどの症状を起こすので、ただ寝ているというだけで質の良い睡眠とはほど遠くなってしまいます。寝る前のお酒は控えてください。

それでは寝る前に適量を(飲み過ぎは禁物)摂取することで寝つきが良くなるお飲み物をご伝授!!

不眠症に効果が期待できるおすすめの飲み物

身近なもので簡単にはじめられるものほど、つづけやすくまた、睡眠導入剤などの副作用を心配することなく摂取できることが長続きする最大のメリットでしょう。

しかも高価なサプリメントなどと比べると口にしやすくてお財布にも優しく経済的な不眠症に効くといわれる飲み物をご紹介します。

バナナミルク

バナナミルクは不眠症に効果がある飲み物
●効能
カフェやコンビニのスムージーでも同じみの黄金コンビの人気ドリンク。

口当たりもよく糖分を加えなくても美味しく飲める果物ジュースの代表格でもあり、そのバナナと牛乳(豆乳でもOK)どちらにも睡眠を促す体内で生成されるホルモン物質「セロトニン」の生成を助けるアミノ酸「トリプトファン」を多く含んでおり、日々つづけて摂取することで不眠症を治すのに効果が期待できます。

注目すべきはこの「トリプトファン」は体内で生成されないということ。基本的に食べ物や飲み物で補わなければいけません。これらは体内に不足すると寝つきが悪くなり睡眠不足の原因になり、朝食などで毎日摂ると効果を実感できるようになります。

不眠症など催眠効果を促す必要な摂取量は1日に500mg~600mgといわれています。下記のトリプトファンの含有量をもとに計算してみてください。

バナナ 10mg/100g
※バナナ1本は約125g~180g(皮なし)
豆乳 53mg/100ml
牛乳 42mg/100ml

大豆や白米にも多く含まれているので食事と併用してバランスをとるとよいでしょう。

●時間帯
トリプトファンは起床してから太陽が昇る時間帯に徐々に体内で準備され夕方、日が落ちていく18時くらいから徐々に脳内でセロトニンに変化していくため、
基本的に太陽の陽が昇る午前中に摂取するのが最適な時間帯と思われます。

●飲み方
バナナと牛乳をミキサーにかけて飲むのが一番ですが、朝バタバタする出勤前の大事な時間帯にそこまでできないという方におすすめが市販のバナナジュースと豆乳のミックス。
グラスに直接注ぎかき混ぜるだけでOK!
デルモンテ バナナ

ハーブティー

ハーブティーは不眠症に効果がある飲み物
●効能
不眠症でお悩みの方の中でも特に、寝つきが悪く入眠障害でお困りの方にぜひ活用していただきたい飲み物です。

寝ようと思っても眠れないという方の多くは脳の緊張が夜になってもほぐれていないことに原因があります。
そんな方にハーブのリラックス効果は脳の緊張を和らげてくれる働きをします。

カモミールやレモンバーム、パッションフラワーなどが不眠症を治す飲み物のハーブとしておすすめです。

●時間帯
交感神経が働きっぱなしの昼間の活発化した脳のままの状態を就寝までに一旦リセットして、寝床までもっていかないことが最大の目的なので、
就寝前30分~1時間前に摂るのが効果的です。

●飲み方
天然の乾燥ハーブティーのティーパックにお湯を注いで温かい飲み物として摂るのがおすすめ。
ホットドリンクで暖まった身体の体温がゆっくりと下がるときに入眠作用があるため、脳のリラックス効果のあるハーブとの組み合わせで一石二鳥というわけです。

濃い目にとって、ホットミルクと混ぜても不眠症には好影響が望めます!
最近では扱いやすい濃縮ハーブウォーターや、粉タイプのハーブティーもあります。

いちいちハーブティーを入れるのが面倒だという面倒臭がり屋さんには、ハーブエキスを抽出した濃縮したハーブウォーターという便利なものもあります。そのまま飲むか温かいミルクに混ぜて飲めば身体がポカポカして、一時的に体温が上がることで自然と良い睡眠に入っていくことが期待できます。
ナッシュ ハーブウォーター カモミール

トマトジュース

トマトジュースは不眠症に効果がある飲み物
●効能
トマトに含まれている成分のGABAには血管を拡張し血流を良くして体温を上げてくれる効果があります。

食事をとりお腹一杯になると「眠くなる」という現象を体験したことのある方は多いはず。
これは食事をとるといったん体温が上昇するため起こるもので、

それこそが体温が上昇し一度急激に上がった後
ゆくっりと体温が元の温度に戻りながら下がるときに眠くなる身体の自然な働きなのです。

このことを応用し、この作用を促すためにトマトジュースが適していることが近年わかってきました。

●時間帯
一旦身体を温めたあと、入眠作用を促す就寝1~2時間前の入浴の時間と同じ時間帯が望ましいでしょう。
入浴した直後に冷えたトマトジュースを一杯に効果がありそうです。

●飲み方
常温保存可能な紙パックのトマトジュースなら常温で。なければ冷蔵庫で冷やしてどうぞ。

また、トマトジュースはできることなら加熱処理している濃縮タイプよりも100%無添加の絞ったままのほうがおすすめ。
加工の段階で成分が破壊されておらず多くの効果が期待できます。
バヤリース さらさら毎日おいしくトマト

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どれも近くのコンビニやスーパーでも手に入るものばかりですぐ始められるものばかりです。
どれも即効性のあるものではないですが、寝る一二時間前のリラックスタイムに摂ると質の良い睡眠に効果的。

比較的手に入りやすいものばかりなので今日からでもはじめてみてはいかがでしょう☆彡
つづけるにはこういった身近なものが良いと思います。いちばん必要なのはあなた自身の決心です!

どれも続けることで効果が導き出されるものばかり。
あなたのちょっとした行動力が不眠症を治すには必要かもしれません。







関連記事