睡眠不足で太る!?改善すつことでダイエットにも効果のあり痩せるための逆転発想

睡眠不足で太る理由と効果的なダイエット方法
睡眠不足になると太る?ってホント?

睡眠不足とお肌の調子など美容などに密接な関係があることはよく知られている事実。
これと同じで気になる体内の脂肪とも関連性が高くダイエットにも関わってくろことが近年しられてくるようになりました。

その理由と睡眠不足を解消しながらダイエットの効果の効率をアップする方法を見ていきましょう。





睡眠不足と太る原因

睡眠不足で太る原因
それは人が起きている時間帯に働く交感神経(逆のリラックスしているときは副交感神経)が夜になっても眠れず活発に作用してしまうと食欲を刺激するホルモンの分泌がはじまります。

みなさん経験したことないですか?テストとか受験勉強で徹夜しているときに夜中になるとどうしてもお腹がすいて何か食べてしまったという経験…。

これも別に起きてなければ食べなくてもよかったもの。…ということになります。

それと同時に一日の時間計算でこの交換神経のほうが常に上回っている状態が続くとさらにホルモンによって内臓脂肪が蓄積されてしまいます。

寝ないで睡眠不足のまま食べ続けると、食欲を増進させる「レプチン」、「グレリン」というホルモンが出てしまうことが原因。

しかも睡眠不足によって体力が衰えている分、摂ったカロリー量に比べ、カロリーの消費量が減るためにカラダに余分な脂肪が蓄積されやすいといわれています。

ここまで聞くと睡眠不足はダイエットにとって大敵であることが伺えます。

夜中にカロリーを摂取すると、朝起きたときに体が重たく感じたりダルかったりします。
これらの症状を朝の寝起きに感じ始めていたら、あなたは要注意かも!

睡眠不足を解消してダイエットも成功させる方法

睡眠不足を解消してダイエットを成功させる方法
上記のような理由で、自律神経のバランスが大きく関わっていいることがわかりました。

ここで大事なのが睡眠不足を解消するための手段として過去の記事でも同じことを推奨していること、いわゆる
とにかく心身をリラックスさせ副交感神経のほうが優位に働くように毎日務めましょう

そうすることで副交感神経のときにだけ体脂肪を分解してくれるホルモン

コルチゾールが分泌されるのでダイエットにも効果的。

できることなら質の良い睡眠時間を長くとること(7時間くらいが理想的)が一番なんですけど、なにかとストレスも多く過酷な労働を強いられる現代社会に生きるみなさんにとっては睡眠不足は長年のどうしても解消することのできない大きな課題…。

睡眠不足で太る、痩せるといった理由も決して単に寝ていればいいだけだはありませんから必要以上に睡眠をとろうとしなくても、まずは交感神経と副交感神経のことを意識して、ゆったりとした気持ちでいることを心掛け常にリラックスしている状態を習慣づけることからはじめてみてはいかがでしょうか?







関連記事