慢性的な寝不足「睡眠不足症候群」だと知ったときの治療の方法

仕事中でも眠気が来てしまう睡眠不足症候群の女性
睡眠不足を改善するにはまず本人が「睡眠不足症候群」であることを自覚することがいちばんの治療の近道だといわれています。

「最近ちょっと寝不足が蔓延化してる」と自分で気づいたらまずはこのサイト内にもある自宅でその症状や今の重度をチェックしてみましょう。





症状の中には長時間睡眠傾向者の8時間以上睡眠が必要な人もたくさんいます。
こういうひとは「8時間以上も寝る」ことに罪悪感を覚えがちですがそこが大きな間違いだということに早く気づくことが最良の治療となります。

そこから自分が睡眠不足症候群かもしれないと疑いがもたれたら治療の必要があるので該当する病院に行って受診するのが適切です。

どの病院に相談!?何科?

睡眠不足の疑いを医師に相談
病院なら何科にいけばいいのか?いちばん困るところではありますがいちばんいいのは

まずは【心療内科】です。

生活状況をヒアリングして一番あなたにあった適切な治療法を提案してくれるからです。

大きな市や県の病院、大学病院などの睡眠外来でもいいのですが、いきなり行っても、紹介状がないとすべての検査をしてからでないと治療の提案されることは難しくなりますからまずは近くの心療内科で受診されることをおすすめします。

自分で自宅でも今すぐ出来る睡眠不足症候群の治療

自宅でもできる睡眠不足症候群の治療
いちばんの要は生活習慣の見直しです。

特に夜更かし型は日の変わる前に床に就き寝ることと朝起きたら必ず少しでも日差しを浴びて体内時計をリセットします。

多忙な仕事で睡眠不足になってしまっているひとは、会社の理解も必要になってきますが勤務体系の見直しや、自分自身の仕事のスケジュール管理をきっちり行いメリハリのある仕事の仕方に改善することで治療にもつながります。

また、カフェインやたばこなどの刺激物はできるだけ避け就寝2時間前までは飲食は避け、テレビやゲーム、スマホやパソコンでのメールチェック、ネットサーフィンも禁物です。

学生さんの場合は、授業や部活、帰宅してからの時間を上手くコントロールして日中に眠くならないように睡眠時間を見直してください。







関連記事