【恐怖】たかが睡眠不足とあなどるな!脳のダメージは元に戻らない!

睡眠不足による脳のダメージ
睡眠不足によって集中力や認識能力などが低下することは知られていますが実はそのとき脳に多大なダメージを与えてしまいそらはいったん損傷もしくは損失したら元に戻らないことが研究でわかたっといいます。

なんか聞いただけでも恐ろしくて今日からちゃんと寝なきゃ!って思える論文です。

私たちがよく知る睡眠不足による集中力や認識能力の低下は一時的な寝だめで何とか回復すると考えられていましたが海外の製薬会社の研究報告によるとそれらは一掃されました。

そんな恐ろしい話を目にしたのでここでちょっとだけお伝えします。




複数の研究者から発表された同じ研究結果

睡眠不足による脳への影響の研究
というのも一人の研究者からではなく複数の睡眠不足が人体に与える研究を行った結果現時点で発表されているものの中で脳にダメージを与えてしまうという複数の研究から発表されています。

いちばん恐ろしいなと感じたのはそれらはダメージを受けた後の損傷した脳は元の状態には戻らないというものでした。

たかが「睡眠不足」と考えていたら身体全体を動かすための中枢神経が集中しカラダ全体をコントロールしている脳にキズを覆ってしまい元の健康な脳には戻らないなんて怖すぎます。

まだ脳の損傷回復や治療の研究は不完全

睡眠による脳の損傷の治療方法
これらの予防方法や治療方法の研究には、研究の初期の段階でまだまだ、さまざまな実証やほかにも解明させなければいけないことが多くあり直接的に睡眠不足による脳の損傷の回復や治療方法に結びつかないのでもっと進んだ研究が必要なのでもう数年かかることが見込まれています。

今後、睡眠不足の治療にも役立つ研究であるあことは間違いないです。

でも数年経つ間に、慢性的な睡眠不足の治療方法が見つけられるとしてもそのあいだに私の脳はどんどん浸食されていくのか・・・

ほんと怖い!

やっぱり根本的に脳のダメージを抑えるには寝不足をしない=徹底的に寝る!それしかないんだと改めて感じました。







関連記事