睡眠不足が原因で突然死!?直接的な因果関係はないけど気を付けるべき睡眠習慣

睡眠不足で突然死!?
睡眠不足で突然死?のなぜにお応えします。本当に寝不足だけの原因でひとは突然死んでしまうことがあるのか?

あるとしたらその恐ろしい実態を検証してみます。今日のあなたにも、あなたの隣で眠る人にも降りかかるかもしれない睡眠不足の突然死について詳しくお伝えします。




睡眠不足で突然死!?

まわりくどい説明はあとにして、結論から言っちゃいますと、

睡眠不足が直接の原因で突然死なんてない」んです! ハイ!

ネット上には、前の晩「おやすみ!」っていっしょに寝た彼氏や旦那さんが朝起きたらそのまま寝た状態のまま息を引き取っていた…。

な~んて「睡眠不足ってこんなに恐ろしい病気」と思ってしまうお話が書かれていますが、それ自体は、睡眠不足が直接の原因ではありません。

私のまわりにも、知人が寝て起きたら突然しんでいたってい話を2人ほど聞いたことがあります。

その人は「… …突然死」○○なんとかって言われてましたけど、その子は何の持病もなく、結局、これが原因っていうものがなにひとつわからない。という診断結果だったんです。
ま~その当時はっていうのが大きいかもしれませんが…。

突然死の原因

突然死の原因
寝ている間に死亡するひとの中で一番多い原因が【心筋梗塞】
心臓疾患によって睡眠中に発症してしまい本人も周りも気づかないままなくなってしまい「突然死」という事が一番多いようで睡眠不足が原因ではないようです。

睡眠に関連する突然死の原因

さらに調べていくと、最近巷でよく聞く【睡眠時無呼吸症候群】という
息を吸って肺に送り込む気道の途中にある喉元の扁桃(舌の付け根のほうにある突起)が肥大しすぎて気道を塞いでしまっていることで呼吸が上手くできなくなってしまう呼吸器系の病気も突然死の原因として考えられます。

それでも睡眠不足はカラダによくない!

睡眠不足にならないよう眠る
正直、睡眠不足はさまざまなカラダの機能を低下させてしまう原因になることは確かです。
睡眠中に出る通称「幸せホルモン」とも呼ばれる「成長ホルモン」は眠っている間に分泌されこのホルモンが子供の頃には成長を促進したり、身体の疲れを回復。

もっとわかりやすく言うとケガをした傷を徐々に治していくのもホルモンの修復する作用があるからでして、睡眠不足になるとお肌が荒れやすいなどの美容との関係性も言はれているのはこのためなのです。

ですから睡眠不足が慢性的になると、カラダの一部を疾患(病気になってしまう)ことで
寝ている間に亡くなってしまった…なんてコワイこともあるかもしれませんが、睡眠不足が直接の原因で突然死なんてのは、ほぼありえません。

まとめ

睡眠中に心筋梗塞とか、睡眠時の無呼吸症候群とか聞くとどうしても、その睡眠っていう単語に反応してしまい
このために聞きなれた言葉だけが先走りして伝わって、なぜか私も含めみなさんがいちばん耳にしていて使い易い睡眠不足になってしまって(-^^-)

いつの間にか突然死の原因は睡眠不足になってしまった…。

というのがこれだけ騒がれるようになった要因でしょう。







関連記事